貧乏で良いことは一つもない?

貧乏だと、色んな事をガマンしないといけません。お金で買える幸せをガマンするなんて、勿体ないです、逆に。120円のジュースを買うのをガマンして忍耐力が鍛えられるかもしれませんが・・。でも貧乏は上に這い上がるためのエネルギーをくれます。最初から満ち足りていたらハングリー精神が育たず、苦労も知らないので成長はありません。だから貧乏は良いことは一つもないことはないと思います。生まれ変わったら貧乏で苦労の多い家庭に生まれたいかと言えば、正直そうでもありませんが、でも貧乏の家に生まれたとしたら絶対に這い上がります。それもこれも健康が大前提ですけどね。健康はすべてではないが、健康を失うとすべてを失う。消費者金融のお世話にはなりたくないですね。

IR法案、冗談じゃない

博打法案、賭博法案、IR法案。言い方で随分印象が変わるものですね。結局は賭博です。しかも会場でお金を借りられるんですって。これで経済効果を狙うと言っているので、与党の政治家の連中は頭おかしいですね。負ける人がいるから儲かる。負けた人は借金を背負ってどうなるか・・・。パチンコの借金を減らすために必死で債務整理して返した友人がいるのですが、こんな法案は廃止すべきです。

カード節約ポイントです

基本的にクレジットカードの節約するポイントですが。1番最善策としては。使う時は。大きい物を買う時だけすね。あと買った時に。クレジットカードのポイントが使えるなら。活用しないてはないですよ。会社に寄っては。使った分だけポイントも貯まるのもあるしね。心がけてるのは。でかいの買った時は。分割払いにする事ですね。かなり重要ですね。ポイントカード持ってますが。基本的にはポイント貯める事しか今はやってないです。

妊娠中にがらがらのくじ1等が当たった!

駅の商業施設で年末にガラガラのくじをやっていました。施設内で購入した500円以上のレシートを見せると500円につき1回、がらがらを回せると書いてあったので、くじが引きたくてミスタードーナツでドーナツを500円分買いました。そして、列に並んでがらがらを引いたら、金色の玉が転がってきました。説明してくれたお姉さんが「あ、すごい」とつぶやいたので何かしらいいものが当たったのかな?と思ったら、5本しか入っていない1等賞が当たりました。妊娠中は二人分のツキがあるそうですが、本当だと思いました。

しかし、妊娠中は太ります。セルライトがあちこちにできて、笑えます。セルライトエステに通いたいのは山々ですが、これから益々体重が増えていくので行っても一緒ですね(笑)子育てがひと段落する10年後くらいにはまた元の体型目指して自分磨きをしたいなと思っています。

とにかく無駄を省いてポイントを貯める。

大きな金額の貯金は結局続かなかったので、毎日買う日用品をすべてネットスーパーに切り替えて支払いをポイントがつくカード払いにしたら毎月の事なのでポイントもどんどん貯まっていきそのポイントをさらに支払いに回していくというのを繰り返していたらどんどん貯金が出来てきました。まとめて買うので時間も節約できるし、重い荷物を持たなくても良いので助かりました。小さな金額も積もり積もれば大金になるので侮れないと思います。

口座分け・袋分けで節約貯金

給料をもらったらすぐに貯金用口座や、車検代などのまとまった支出のための積立用口座にそれぞれ毎月特定の金額を入金します。その他、子供費、食費・日用品費等に分けた袋を用意してお金を振り分けていれます。1カ月間、袋内の予算でやりくりし、お金が余れば貯蓄用口座に入金しています。また、年会費無料でポイント還元率も高いクレジットカードに支払をまとめ、使いすぎないように家計簿に使用記録をつけます。ポイントは必ず現金還元のものとして、無駄なく節約貯金を心がけています。

貯金の為に

私が貯金をするために心掛けていることは、本当にそれが必要なのか、それを買う事で得られる満足感はどれだけなのかを常に考える事です。それを考えるようになると無駄遣いが減って、自分へのご褒美といった行為も減っていきました。
少し欲しいと思ったらすぐ手に入るコンビニやネットでの買い物を極力減らし、吟味して買い物をするようにすれば出ていくお金が減っていき自然と貯金が出来ていると思います。